ここから本文です

【巨人】健太朗、8回ピシャリ!マシソン&カミネロに経験豊富な鉄腕加わり方程式完成

7/6(木) 6:05配信

スポーツ報知

◆広島0―5巨人(5日・マツダスタジアム)

 4年前の感覚が、呼び起こされつつあった。8回を託された西村は、最速150キロを繰り出し“逆転のカープ”を簡単に3人で片付けた。13年のセーブ王は「すごく光栄なこと」と勝ちパターンでの起用を意気に感じていた。マシソン、カミネロを加えたリリーフ3人による無失点リレーは今季初。75試合目にして、由伸巨人が勝利の方程式を手に入れた。

【写真】中4日の菅野、広島0封で8勝!進化の裏に尊敬する楽天・則本から受ける刺激

 信頼を勝ち取った。この日、西村は今季初めて勝ちパターンの終盤を任された。上位打線に回る7回を封じたマシソンの後を受け、「とにかく先頭打者をとる」と集中した。高速シュートとスライダーを低めに集め、全て内野ゴロで3者凡退。「丁寧に投げてゴロを打たせようと思った」。中4日で登板した菅野の心意気も受け止め、意図した通り3つのアウトを奪った。

 11年から3年連続防御率1点台をマーク。13年には42セーブで最多セーブに輝いた。15年に受けた右肘手術からの完全復活を証明するように、この日で9試合連続無失点、防御率は0・64。全盛期をほうふつさせる安定感に、「今のところはですけど、そう(好調時に近いと)思います」と謙虚な男に自信がみなぎってきた。

 マシソン、カミネロの2人に依存してきた終盤に、経験豊富な鉄腕が加わった。3人がそろうことで、1人を休ませながら起用する選択肢も生まれる。由伸監督は「いつも3人に頼るわけにはいかないけど、西村が入っていい投球を続けてくれているので、その3人をうまく使っていければいい」とブルペンの厚みに手応えを口にした。健太朗&マシのタイトルホルダー2人から、最速164キロのカミネロへ。本格的な夏を前に、強固な必勝リレーが完成した。(宮脇 央介)

最終更新:7/10(月) 1:10
スポーツ報知