ここから本文です

【スポーツクライミング】野中生萌 “異業種交流”で登りつめる

7/6(木) 16:34配信

東スポWeb

 2020年東京五輪の新種目、スポーツクライミングのメダル候補・野中生萌(20=東京都連盟)が“異業種交流”でさらなる飛躍を遂げる。

 20日からポーランドで行われるワールドゲームズの壮行会が5日、都内で行われ、初参加の野中は「4年に一度なので貴重な大会。しっかり成績を残したいと思う」と抱負を語った。第2の五輪とも呼ばれる国際総合大会で、柔術や相撲、スカッシュなど現時点で五輪種目ではない競技が多数を占めるスポーツの祭典とあって、意欲を燃やしている。

 他競技と選手団を結成して参加するのは東京五輪の予行演習にもなる。

「とてもいい機会だと思う。今まで他の種目と関わることがなかったので交流したい。いろいろな経験を聞くのが好きなので」

 普段から、スポーツの経験、有名無名を問わず、友人らがどう物事に対処していくかを聞くことが好きという野中。種目は違えど、同じ境遇にある日本のトップスポーツ選手から聞く話も興味深いはず。今回の経験が東京五輪にも生かされそうだ。

最終更新:7/6(木) 18:14
東スポWeb