ここから本文です

【巨人】長野、9回ダメ押し2ラン!「でもきょうは5回かな」と好機で倒れた第3打席反省

7/6(木) 6:05配信

スポーツ報知

◆広島0―5巨人(5日・マツダスタジアム)

 試合を決定づけるアーチを描いた。3―0の9回1死一塁。長野は追い込まれるもファウルで粘り10球目、甘く入った高めの直球を捉え、バックスクリーン左へダメ押しの4号2ランをたたき込んだ。

 好調を示す一発だった。江藤打撃コーチが「打席の中で、(タイミングを)合わせることができている」と話すように、粘りながらも修正を図り、今季初の中堅方向への本塁打だった。また、走者を置いた場面でのアーチも今季初。勝負強さも取り戻している。

 春先の不振から脱却したが「打てなかった分がまだまだあるので」と責任を感じている。試合後、本塁打について報道陣から問われると「でも、今日は5回かな。一死三塁でかえさないといけなかった」と5回1死三塁で二ゴロに倒れた第3打席を反省した。「智之が頑張って投げてくれたし、勇人が打ってくれたので良かったよ」と後輩をたたえ、次戦へ気を引き締めた。

最終更新:7/10(月) 1:09
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 9:45