ここから本文です

高円寺アパートメントで「おひろめマルシェ」 「近隣の人に知ってもらえれば」 /東京

7/6(木) 15:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 高円寺アパートメント(杉並区高円寺北4)で7月8日、「KOENJI APARTMENTおひろめマルシェ」が開催される。(高円寺経済新聞)

高円寺アパートメントの外観

 同アパートは「高円寺のまちの個性を凝縮したアパートメント」で、店舗、アトリエ、住宅が交わり合う、新しい形を提案するリノベーション賃貸住宅。1階に連なる3店が同時期にオープンすることが決まり、同アパートの住人や近隣の人に、それぞれの店を知ってもらいたいとイベントを開催する。

 同アパートについて101の池田佳乃子さんは「高円寺のまちの魅力は小さくてもほかのまちにはない、個性的な店が集まり、音楽やファッションなどカルチャーが身近にあること。気の合う店主や仲間たちと語らう時間があること。高円寺アパートメントには、高円寺らしさがぎゅっと詰まっている。小さなショップや日常使いできる飲食店が軒を連ねる1階や、服の仕立てや、ものづくりのアトリエを兼ねられるアトリエ兼住宅。単身、二人暮らし、子育て中の家族まで住むことができる場所」と話す。

 これまで5月には住人同士の交流イベントとして「同じ釜の飯を食べようの会」が開催され、住人が芝生広場に集まり、おかず持ち寄りでご飯を食べたといい、「初対面だったが笑いの絶えない楽しい会だった」と池田さん。

 イベントでは、同アパートのショップ3店のほか、雑貨や採れたて野菜、オリジナルのバッグや洋服、青空マッサージ、似顔絵など14店とパッタイ屋台が登場。「この場所での暮らしが思い描けるような楽しい一日」になるという。

 池田さんは「今後も地域の方とこの場所を活用した楽しいイベントを企画していこうと考えている。秋にはコーヒーショップやビール屋もオープン予定で、ますます楽しい空間となりそう。まずは高円寺アパートメントを知っていただければと思っているので、当日足を運んでいただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は13時~18時。入場無料。雨天決行。

みんなの経済新聞ネットワーク