ここから本文です

元ピクサーの監督による「ダム・キーパー」展覧会開催、限定グッズの販売も

7/6(木) 16:02配信

映画ナタリー

アニメーションスタジオ・トンコハウスによる短編シリーズ「ピッグ - 丘の上のダム・キーパー」が今夏、Huluで配信。それを記念した展覧会が、本日7月6日から31日にかけて東京・ササユリカフェで開催される。

【写真】「ピッグ - 丘の上のダム・キーパー」(他6枚)

本展では、6月まで宮城・石ノ森萬画館で開催されていた同スタジオの展覧会用に制作されたアートワークなどを紹介。また会場では、オリジナルグッズや数量限定のアートプリント、展示作品の販売も行われる。

「ピッグ - 丘の上のダム・キーパー」は、ピクサー・アニメーション・スタジオに所属していた堤大介とロバート・コンドウが共同監督し、第87回アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた短編アニメ「ダム・キーパー」の派生作品。2人と同じくピクサー・アニメーション・スタジオ出身のエリック・オーが監督を務める。なお「ダム・キーパー」をもとにした長編映画も製作が予定されている。

ピッグ - 丘の上のダム・キーパー展
2017年7月6日(木)~31日(月)東京都 ササユリカフェ
営業時間 11:30~22:00 ※21:30ラストオーダー
※火曜、水曜定休
※ワンオーダー制

(c)2017 Tonko House Inc. ALL RIGHTS RESERVED

最終更新:7/6(木) 16:02
映画ナタリー