ここから本文です

日本ハム・大谷が打撃投手で50球 栗山監督「球数投げていかなきゃ」

7/6(木) 19:13配信

東スポWeb

 日本ハム・大谷翔平投手(23)が6日の西武戦(札幌ドーム)前の練習で打撃投手を務め、50球を投げた。

 杉谷、清水を相手に変化球を交えた投球を見守った栗山監督は「予定通り、いろいろなことを進めていかないと。球数をどこかで投げていかなきゃいけないから」とこの日の登板を説明。「ゲームどうのこうのじゃないから。球数をまず投げる。(二軍戦登板は)雨のことがあるから。ゲームどうこうより、今確認したいのは出力を上げて投げた後の体の反応を見たい。どういう張りが出るだとか。本当に丁寧に体の状態を見ながらいく」と続けた。

 大谷は「投手」として1日のイースタンリーグ・西武戦(鎌ケ谷)で昨年の日本シリーズから252日ぶりに実戦登板。山川に一発を打たれ、1回1安打1失点、2死四球、2奪三振の内容だった。

最終更新:7/6(木) 19:13
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 21:20