ここから本文です

【スパーキングレディーC】アンジュデジール重賞初制覇 横山典「返し馬から落ち着いていた」

7/6(木) 21:39配信

東スポWeb

 6日、川崎競馬場で行われた交流GIII「スパーキングレディーカップ」(ダート1600メートル)は2番人気のJRAアンジュデジール(3・昆)が直線突き抜けて快勝。3度目の挑戦で重賞タイトルを手に入れた。なお、連覇を狙ったホワイトフーガは単勝1・4倍の断然人気に応えられず4着に終わった。勝ち時計は1分41秒6(稍重)。

 前走の関東オークス2着でのコース経験は大きかった。古馬初対戦でJBC女王ホワイトフーガを撃破した横山典は「返し馬から落ち着いていたし、余力たっぷり抜け出してくれた」と会心の表情だった。

★2着ララベル=真島大騎手「感じはすごく良かったし、思い通り乗れたが、(勝ち馬と3キロの)斤量差もある」

★3着タイニーダンサー=内田博騎手「リズム良く行けたし、3~4角もロスなく進めた。休み明けでもよく頑張っている」

★4着ホワイトフーガ=蛯名騎手「ぐっと暑くなったからね。夏負けと斤量(58キロ)が響いた」

最終更新:7/6(木) 21:39
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ