ここから本文です

ジミー大西と明石家さんまの物語「Jimmy」再撮影、さんま役以外同キャストで

7/6(木) 18:30配信

お笑いナタリー

明石家さんまが企画、プロデュースを手がけ、明日7月7日(金)より世界190カ国に配信される予定だったNetflixオリジナルドラマ「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」の配信延期が発表された。

【写真】今年4月「島ぜんぶでおーきな祭」のレッドカーペットに登場したジミー大西。(他1枚)

本作はピース又吉原作「火花」に続く、吉本興業のNetflixオリジナルドラマ第2弾として製作されたもの。明石家さんま役の小出恵介の無期限活動停止が所属事務所からアナウンスされたことを受けて、さんま役を別のキャストで再撮影することが決定した。吉本興業とYDクリエイションは、本日7月6日にマスコミに宛てたFAXにて「『コメディドラマ』としてのクリエイティブ上の判断」と説明している。

原則、さんま役以外は同キャスト、同スタッフに声がけし、必要部分を撮影するという。配信日は未定だ。

明石家さんまに出会い数奇な人生を歩むことになったジミー大西の実体験を描く「Jimmy」。ジミー大西役に中尾明慶、Mr.オクレ役に六角慎司、村上ショージ役に尾上寛之、大竹しのぶ役に池脇千鶴といった俳優陣がキャステングされていた。

最終更新:7/6(木) 18:30
お笑いナタリー