ここから本文です

【Girls S-cup】“絶対女王”RENA 会見で不安な口ぶり「接戦になる」

7/6(木) 23:49配信

東スポWeb

 立ち技系格闘技「シュートボクシング(SB)」は6日、女子格闘技の祭典「Girls S-cup2017」(7日、東京ドームシティホール)の前日会見を都内で行い“絶対女王”RENA(26)がまさかの不安を口にした。

 相手はイタリアのイリアーナ・ヴァレンティーノ(29)。総合格闘技初参戦となった2015年大みそかのRIZIN(さいたま)で下しており、今回は有利なホームリングでの再戦になる。ところが「明日は久々に接戦になるかなと思う。相手はハングリー精神があって、最後まであきらめないだろうから」と試合の展望を口にした。

 総合ルールで戦った時に打撃で苦しめられた場面があったため、一段と警戒しているようだ。それでもメーンを任された責任は感じており「その心をへし折りたい。KOで締めくくってみせます」と自分に言い聞かせるように誓った。

 またSBルールに初挑戦する“猛女”ギャビ・ガルシア(31=ブラジル)は、プロレスのリングでも活躍する藪下めぐみ(45)と対戦する。セクシーな黒いドレス姿で登場したガルシアは「今回は自分のチャレンジ。相手がパンチでやってこようが、私もパンチで返して倒したい」と予告し、決戦に向けて表情を引き締めた。

最終更新:7/7(金) 7:29
東スポWeb