ここから本文です

【浦和】完敗ペトロヴィッチ監督、サポに囲まれる…次戦新潟戦に勝てなければ辞めると宣言

7/6(木) 2:12配信

スポーツ報知

◆明治安田生命J1リーグ 第13節 川崎4―1浦和(5日・等々力陸上競技場)

 J1浦和のミハイロ・ペトロヴィッチ監督(59)が川崎に1―4で敗れた後、等々力陸上競技場のバス出口を封鎖した浦和サポーターに対し、「新潟戦に勝ち、連勝できなければ、私が一番最初にここから出て行く」と宣言した。前半戦を終了し29失点で7敗。年間最多勝ち点「74」を稼いだ昨季は34試合で28失点、6敗だった。41点はリーグ最多ながら守備が崩壊し、8位に低迷。9日のホーム・新潟戦(埼玉)で勝てなければ辞任し、勝てても、12日の天皇杯・熊本戦(駒場)で引き分け以下なら浦和を去る覚悟をサポーターに示した。

【写真】広島・森保一監督電撃辞任17位不振で引責

 川崎戦は、いつもの3バック布陣ではなく、前日の紅白戦で試しただけの4バックを採用するも、前半だけで2失点。3バックにした後半は1点を返すも、最終的に今季最多タイの4失点で完敗した。試合後は浦和サポーターが等々力競技場の正面玄関付近、バス出口付近に集まり、選手バスに抗議。バスは約1時間立ち往生した。ペトロヴィッチ監督はその間、2度サポーターの前に出て、現況説明だけでなく、新潟戦を進退マッチするとまで話した。

最終更新:7/6(木) 8:21
スポーツ報知