ここから本文です

【シードリング】「ババア発言」世志琥と下田美馬が会見で大乱闘

7/6(木) 23:55配信

東スポWeb

 女子プロレス「シードリング」は6日、都内で14日後楽園ホール大会の会見を行い、世志琥(23)と下田美馬(46)が大乱闘を繰り広げた。

 それまで和やかに進行していた会見場の空気が一変した。発端は今回がシードリング初出場で、世志琥と一騎打ちする下田だった。「この団体はリングでやっていることは素晴らしいかもしれないけど、笑ってていいのかなって。ふざけてていいの? そういう意味では私はこの団体に合ってない。それに世志琥に負ける気もしない」

 確かにほかの試合に出場する選手の会見では時折り笑い声もあり、下田はそんな状況に疑問を呈したのだ。すると世志琥の表情が一変。「よく分からないけど、こんなババアエキスを吸うつもりはない。ババアには負けません」と大先輩をババア呼ばわりしたからさあ大変だ。

 下田といえばかつて三田英津子(48)との「猛武闘賊」で暴れ回り、極悪殺法を得意とした。眠っていた血が騒いだのか、世志琥と舌戦を繰り広げると、怒りに任せて途中退席してしまった。しかも追いかけてきた世志琥と乱闘を繰り広げる始末で、7・14決戦に不穏な空気が漂ってきた。

最終更新:7/6(木) 23:55
東スポWeb