ここから本文です

本庄で「こだま夏祭り」 けんかみこしも夏の風物詩に /埼玉

7/6(木) 20:30配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 「八坂祭こだま夏祭り」が7月16日、本庄市児玉町内で行われる。「八坂の祇園祭」と呼ばれる同祭りは、本庄市児玉町、総鎮守東石清水白鳩峰八幡神社に祭られている八坂神社の祭り。(本庄経済新聞)

八坂祭 こだま夏祭り

 当日、はんてん・鉢巻きに麻の襷(たすき)姿の男衆が担ぐ9基のみこしが八幡神社前に勢ぞろいする。同神社を出発したみこしは市街地を練り歩き、児玉駅入り口交差点では各みこしともパフォーマンスを繰り広げ、勇ましい若衆同士がぶつかり合う。「けんかみこし」と異名を取るみこし同士の組み合いは見どころとなっている。長青会、新誠会、昭和会、仲正会、新和会、連誠会、八千代会、誠交会、三島愛宕会の9基の「けんかみこし」が渡御する。

 けんかみこしは、明治時代に1基しかなかった宮みこしを各町内で「早くよこせ」「まだまだ」とやり合いながら順番に担いでいたのが由来という。

 3年前から八幡神社の宮司を務める根岸義貴さんは「普段は神社にいらっしゃる神様が、祭りのときだけ神社から出て、みこしに乗って町中にやって来て活気付けてくださる。こだまの夏の風物詩となっている八坂祭で、町中がにぎやかになり、活気付く様を見ると気持ちが高ぶる」と話す。

みんなの経済新聞ネットワーク