ここから本文です

青木、7月初安打となる二塁打…勝ち越しホーム踏む

7/6(木) 12:41配信

スポーツ報知

◆ブレーブス4ー10アストロズ(5日、サントラスト・パーク )

 アストロズの青木宣親外野手が5日(日本時間6日)、敵地のブレーブス戦で6回守備から途中出場。直後の7回に左中間二塁打を放ち、勝ち越しホームを踏んだ。

 4-4で迎えた7回先頭。J・ガルシアの89マイル直球を逆らわずに打ち返し、左中間を破った。出場3試合ぶり、7月初安打となる二塁打で出塁し、続くスプリンガーの中前適時打で生還した。この回、打者9人で5安打3得点。集中打で勝ち越した。

 8回先頭では四球を選び、スプリンガーの打席で今季5個目の盗塁を決めた。続くアルトゥーベの中飛で三塁へ進み、レディックの左翼線二塁打で8点目のホームを踏んだ。チームは16安打の猛攻で10-4で快勝。4連勝を飾り、貯金31とした。

最終更新:7/6(木) 12:41
スポーツ報知