ここから本文です

笑福亭鶴瓶、七夕の願いは「このハゲーーが…」

7/6(木) 13:18配信

スポーツ報知

 落語家の笑福亭鶴瓶(65)が6日、都内で米アニメ映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」(21日公開)の日本語吹き替え版完成報告会見に、俳優・松山ケンイチ(32)とともに出席した。

【写真】豊田議員の新音声「死ねば!」「ボコッボコッ」“暴力音”も!

 怪盗グルーと黄色い謎の生物ミニオンが活躍する人気シリーズの第4弾。グルーの声を務める鶴瓶は「昨日見たけど、本当に感動した。すごいおもしろい」と絶賛。自身のアフレコについて、「『全然自信ないわ。下手やわ』と言ってたら、(事務所の)社長が『鶴瓶さん、あんまり上手くない』と言われて。立ち直れなかったですよ」と苦笑いを浮かべた。

 七夕の願い事について、鶴瓶は「このハゲーーが流行語大賞になりませんように」と豊田真由子衆院議員(42)の暴言をネタに書き記し、「全然関係ないこと書いてしまったわ」と爆笑を誘った。

 また、悪党・バルタザール役の松山は「ミニオンシリーズは子供と一緒に楽しんでたので、うれしいです」。長男(5)、長女(4)、次男(1)と3児の父親で「子供に見せたいなと思って、テンションを上げた」とアフレコに臨んだといい、「子供と見たけど、『僕ちゃん、悪い~子ちゃん』ってモノマネされました」と笑顔で明かした。

 グルーの双子の兄弟・ドルー役を務めることが新たに発表された俳優・生瀬勝久(56)が登壇。このほか、中島美嘉(34)、いとうあさこ(47)、宮野真守(34)ら声優陣があいさつした。

最終更新:7/6(木) 19:31
スポーツ報知