ここから本文です

全国高校野球選手権地方大会参加校は14年連続減少 今年は3839校

7/6(木) 17:54配信

デイリースポーツ

 日本高校野球連盟は6日、第99回全国高校野球選手権地方大会参加校が昨年より35校減少し、3839校と確定したことを発表した。これで第84、85回大会の過去最高の4163校から14年連続で減少している。

 この日富山、石川で地方大会組み合わせ抽選会が行われ、49地方大会の抽選会が終了した。最も参加校が多いのは神奈川の189校、次いで愛知の188校、大阪の176校で全国11地方大会で参加校が100校を超えている。最も参加校が少ないのは鳥取で25校。

 また「統廃合の特別措置」による連合チームは6チーム、部員不足による連合チームの参加は57チームとなっている。連合チームについては1校と数えている。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/22(火) 22:35