ここから本文です

西武ドラ5平井、中田斬りでプロ初勝利 森コーチのためにも「優勝したい」

7/6(木) 22:33配信

デイリースポーツ

 「日本ハム6-7西武」(6日、札幌ドーム)

 西武のドラフト5位・平井克典投手(25)=ホンダ鈴鹿=が中田斬りでプロ初勝利を挙げた。

 先発ファイフが四回に松本の右前適時打で同点とされ、1死一、三塁から2番手で登板。続く中田の打席で飛び出した一塁走者の松本を素早いけん制で刺した。「走っている姿が見えた。珍しく勘がさえました」。2死三塁とピンチは続いたが中田を低めのスライダーで空振り三振を奪い切り抜けた。「自信のあるボールで抑えたかった。結果が出てよかったと思います」と喜びをかみ締めた。

 五回には1失点を浴びるも六回に打線が逆転し待望の初勝利が転がり込んできた。ウイニングボールを手にし「両親に渡したい」と初々しい表情で応えた。

 平井にとって忘れてはならない存在がいる。6月28日に多臓器不全のため42歳の若さで亡くなった森慎二コーチ。プロ1年目のルーキーは森コーチからたくさんのことを学んだ。「まだまだ優勝を諦めてません。慎さんのためにも優勝したいと思います」と天国で見守る森コーチのために獅子奮迅の活躍を見せる覚悟だ。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/26(火) 5:05