ここから本文です

【仙台】前半17戦でワースト2位32失点…渡辺監督「減らしたい」

7/6(木) 21:03配信

スポーツ報知

 J1ベガルタ仙台は6日、アウェー・神戸戦(8日午後7時、ノエスタ)に向け、仙台市内で約1時間半の全体練習を行った。

 神戸戦から後半戦がスタートする。6月25日のC大阪戦(2●4)、1日のG大阪戦(2●3)とホームで連敗も、強豪の大阪勢を相手に複数得点。しかし6月17日のアウェー・鳥栖戦(1△1)から3戦勝ちなしの状況に、渡辺晋監督(43)は「いいものを表現しているが、我々は結果が全て。しっかり勝ち点3につなげたい。魂を込めて戦いますので、アウェーのスタジアムにも、皆さんのパワーを送ってください」と、神戸戦へサポーターの後押しを呼びかけた。

 また、失点は前半17試合で32。新潟の37失点に次いでJ1ワースト2位となっている。渡辺監督は「攻撃の部分で、変な取られ方をしないとか、クオリティーを高めるとか、そういう作業が失点を減らすことにつながると分析している。攻撃の部分でもっと勇気を持つこと。チームとしてもそうだし、個々人のクオリティーを高めること。(後半戦)残り17試合で失点を減らしたい。粘り強く、根気よくやっていきたい」と、決意を新たにしていた。

最終更新:7/6(木) 22:48
スポーツ報知