ここから本文です

慶大・岩見、侍ジャパン新ユニホームに「ありがたみを感じます」

7/6(木) 20:41配信

スポーツ報知

 第41回日米大学野球選手権(12日開幕・アメリカ)に出場する大学日本代表の直前合宿が6日、神奈川・平塚市内でスタート。先月26日に初披露された新ユニホームを着用して、侍ジャパンとして初めての大会に挑む。

 侍ジャパンを運営するNPBエンタープライズと新たにダイヤモンドパートナー契約を結んだアシックスが制作した新ユニホームは、日本の伝統色である「青褐色(あおかちいろ)」「真白(ましろ)」「紅色(くれないいろ)」「黄金色(こがねいろ)」の4色を使用。同じく日本の伝統的な縞(しま)模様「輪つなぎ」をストライプに取り入れた。

 一塁にも挑戦する慶大・岩見雅紀外野手(4年)は「このユニホームを着られることに、ありがたみを感じます」と笑顔。最速152キロ左腕の立命大・東克樹(4年)は「一選手として(代表に)なりきれていないという部分が気持ち的にある。明日の試合で切り替えて、代表として戦っているということを心に留めて試合に臨みたい」と力を込めた。

 大学日本代表は、7日に社会人の三菱日立パワーシステムズと、9日に東芝とオープン戦を行う。

最終更新:7/24(月) 16:07
スポーツ報知