ここから本文です

【札幌】16位・大宮倒して降格ゾーン脱出だ…ヘイス3戦連発&敵地初勝利誓う

7/7(金) 8:04配信

スポーツ報知

 J1北海道コンサドーレ札幌FWヘイス(28)が、自身初の3戦連続弾で敵地初勝利をつかむ。8日にアウェー・大宮戦に臨む札幌は6日、宮の沢で紅白戦を実施。主力組に入ったヘイスは、3月の左膝手術明けから復帰したリーグ戦で2試合連続得点を挙げている。勝ち点1差で札幌の1つ下の16位にいる大宮とのJ1残留争いがかかる戦いへ、絶好調の助っ人が、ゴールと勝ち点3のダブル取りを絶対目標に掲げた。

 ヘイスの頭には敵地初勝利の光景しか思い描かれていない。前半戦1分け8敗の未勝利に終わったアウェーで迎える、後半戦初戦。勝ち点1差に迫る降格圏の16位・大宮との絶対に負けられない戦いだ。ヘイスは「勝ち点1でも駄目。必ず勝って帰ってくる」と勝利を約束した。「今は降格ゾーンから抜け出さないといけない状況。決勝戦のつもりで戦う」。15位からの浮上へ、全精力を傾ける。

 3月に左膝を手術して戦列を離れたが、復帰後はゴールを量産。今季初公式戦となった6月21日の天皇杯・いわきFC戦で2得点を挙げ、柏、清水とのリーグ戦でも2戦連続ゴールを決め、公式戦3戦4得点と好調をキープ。「1試合1試合手応えを感じている。チームに貢献する働きをして、期待に応えたい」と自身初の3試合連発を決め、チームを2連勝へと導く。

 2試合連続で2トップを組んだFW都倉は、累積警告で大宮戦は出場停止。前節・清水戦で決勝点につながるパスを出してくれた相方がいない分、攻撃の中心として、責任感を持って試合に臨む。「自分が都倉のように裏にも抜けたり、ボールキープもしていきたい」。前線の核を務めて勝利を手にし、J1残留への階段を着実に昇る。(砂田 秀人)

最終更新:7/7(金) 8:04
スポーツ報知