ここから本文です

【中日】バルデス、運気上昇の5勝目に友利コーチ「毛が生えるんじゃないの?」

7/6(木) 23:25配信

スポーツ報知

◆中日4―3ヤクルト(6日・ナゴヤドーム)

 “カリブの海坊主”に毛が生える!? 中日のラウル・バルデス投手(39)が6回3失点で5勝目を挙げ、チームを今季3度目の同一カード3連勝と5年ぶりのホーム8連勝に導いた。

 らしくない。3点の援護を得ながら6回、バレンティンに3ランを浴びて同点に追いつかれた。その裏の攻撃で代打を送られて降板。しかし、その代打・松井佑が右前打でチャンスメイクすると、1死一、三塁から京田の二ゴロの間に決勝点が転がり込んだ。

 同点やビハインドの状況―つまり勝利投手の権利を得ずに降板しながら白星がつくのは、来日3年目、通算57試合目の先発で初めて。常々、打線の援護に恵まれず、リードして降板しながら救援陣に試合をひっくり返されることが多い悲運の左腕だが「言ってただろ。いい投球を続ければ運気が変わってくるって」とドヤ顔だ。

 数日前に妻と3人の息子が来日。「俺は野球以外では幸運なんだ。家族が病気をしないし、学校でもうまくいっている。神様のおかげだよ」と三男坊を抱きかかえながら、しみじみ話すと、その三男坊にツルツルの頭をなでられた。14日には家族が見守る中、オールスター第1戦(ナゴヤドーム)で登板する。公式戦の次回登板は前半戦最終戦となる12日の阪神戦(甲子園)での先発が濃厚。中1日の夢舞台になりそうだが「問題ない。昔は中1日や中2日で先発していた」と鉄腕ぶりをアピールした。

 普段は「バルデスに足りないのは勝ち運と髪の毛」とボヤく友利結投手コーチ(49)も「あした髪の毛が生えてくるんじゃないの?」と予言するほどの驚きぶり。同一シーズンで主催試合8連勝は、2012年5月19日の西武戦(ナゴヤドーム)から6月11日の日本ハム戦(同)の引き分け2つを挟んだ8連勝以来5年ぶり。7日からのDeNA戦(同)でも3連勝すれば、今季初のAクラスに浮上する。バルデスの運気上昇とともに、チームも上昇するのか。

最終更新:7/24(月) 19:27
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報