ここから本文です

金賞県産酒の味堪能 飲み比べフェア開幕

7/6(木) 10:04配信

福島民報

 全国新酒鑑評会の金賞受賞数5年連続日本一を記念した「日本一のふくしまの酒 飲み比べフェア」は5日、福島市の県観光物産館(コラッセふくしま1階)で開幕した。19日まで。
 福島県、県観光物産交流協会の主催。鑑評会での快挙達成を追い風とし、県産日本酒の魅力に気軽に触れてもらおうと、金賞に輝いた22銘柄をそろえた。期間中は日替わりの8種類から、3つの銘柄を選べる飲み比べセット(500円)を提供する。おつまみには、いかにんじんなど県内の郷土料理や県産食材を200円で販売する。
 セレモニーでは内堀雅雄知事が「蔵元の情熱や古里への愛情、風評払拭(ふっしょく)への思いを感じながらいろいろな受賞酒を楽しんでほしい」とアピール。協会の高荒昌展理事長、県酒造組合の渡部謙一副会長、ミスおちょ娘(こ)の安竜うららさんと鏡開きし、県産酒を味わった。
 開場時間は午後4時から同8時まで。ラストオーダーは午後7時半。問い合わせは県観光物産館 電話024(525)4031へ。

福島民報社

最終更新:7/6(木) 12:07
福島民報