ここから本文です

プリン専門店が6日オープン 福島土湯こけしをイメージ

7/6(木) 12:00配信

福島民報

 福島市の土湯温泉に新たな食の魅力が加わる。土湯こけしをイメージしたプリンの専門店「土湯温泉 こけしプリン本舗」が6日オープンする。
 土湯温泉の旅館向瀧社長佐久間智啓さん(36)と弟勇太さん(27)が、1年前からプリン専門店の開店に向けて商品開発や店舗改装など準備を進めてきた。勇太さんが代表、智啓さんが宣伝担当を務める。
 使われていなかった土湯こけし工人の工房を借りて、店舗を構えた。福島三大地鶏の川俣産シャモの卵黄と酪王乳業の牛乳を組み合わせた絶品の「こけしプリンたまご」と、バニラ味の「こけしプリンバニラ」があり、隠し味で県内産蜂蜜を入れた。
 瓶入り88グラムが380円(税込み)、店舗内で食べて瓶を返せば80円返却となる。「こけしサイズ」(約200グラム入り、900円)もある。店舗では蒸気で温めた独特の風味のプリンを提供する。
 智啓さんは「福島県内産の素材にこだわったスイーツを新たな魅力に、多くの観光客に食べてほしい」とPRしている。時間は午前9時から午後5時まで。水曜日定休。問い合わせは、こけしプリン本舗 電話024(597)6528へ。

福島民報社

最終更新:7/6(木) 12:06
福島民報

Yahoo!ニュースからのお知らせ