ここから本文です

南ア仙丈ケ岳の馬の背ヒュッテ きょう小屋開き

7/6(木) 7:00配信

長野日報

 南アルプス仙丈ケ岳の馬の背ヒュッテが6日、小屋開きする。新たな管理人に斎藤しのぶさん(43)=福島県出身=を迎え、新体制で山小屋の運営を始める。斎藤さんは「初めて会った登山者同士がつながるお手伝いをしたい」と意気込みを話す。

 馬の背ヒュッテは北沢峠(2032メートル)から約3時間、山頂(3033メートル)まで約1時間半の標高2640メートルに位置する。1961年に竣工し、89年に建て替えられた。10月中旬まで営業する。

 斎藤さんは北海道で山岳ガイドを約10年間務め、飲食業と酒造会社勤務を経て、北ア船窪小屋、御嶽山五の池小屋で働いた。オーナーから経験を買われ、初めて管理人を任された。

 新体制では名物のカレーを引き継ぎ、数種類のスパイスをブレンドして手作りし、サラダとスープを付ける。夕食後は食堂を憩いの場所として開放し、各種アルコール類を用意する。

 小屋開きに備えて荷揚げを終え、山小屋管理の経験者と新人2人を含めたスタッフ4人で登山客を受け入れる準備に追われている。土、日曜日を中心に予約が入り始め、登山情報の問い合わせに忙しい。近くの藪沢小屋は4日に小屋開きした。

 斎藤さんは「山小屋を切り盛りするのが夢だった。来てくれた人が、『楽しかったな』と思ってもらえるような山小屋にしたい。笑顔で、基本を大切にして丁寧な接客を心掛けたい」と話す。

 要予約。定員100人。1泊2食付8500円、素泊まり5500円。問い合わせは同ヒュッテ(電話090・2135・2500)へ。

 現在、残雪が多い影響で藪沢ルートは通行止めで、開通は7月下旬になる見通し。

最終更新:7/6(木) 7:00
長野日報