ここから本文です

甲子園目指す地元チーム紹介 小野田工高

7/6(木) 13:56配信

宇部日報

状況に応じたプレーできる

 攻守ともに状況と対戦相手に応じたプレーができるようになった。控え選手も積極的に起用する全員野球で個々の力を補い、意外性のあるプレーも絡めて相手を揺さぶる。半世紀ぶりの優勝を目指す。

 投手4人はいずれも打たせて取るタイプ。左の主戦、吉武は緩急とコースを投げ分ける投球が武器で、春から制球力、球速ともに増してきた。為近、西村、中村の継投も視野に入れる。守備では二塁手の吉田と中堅手の和泉のセンターラインがリードし、長打を阻むポジショニングを心掛けている。打線は粘り強い終盤からの加点が持ち味。一死からでも走者を送り、犠打、エンドランも絡めて相手のリズムを崩し、好機をうかがう。春季大会で初本塁打を放った吉田、長打力のある持田と和泉が中心となる。佐方監督は「焦らずに普段通りのプレーができれば」と平常心で臨むことを期待している。

 西村拓也主将 がむしゃらな気持ちと勢いを大事に、一人一人が役割を果たして、全員野球を展開したい。

   責任教師 田中 信博 監督 佐方  敬
 (投)吉武 大輝 3年 (小野田)167 52 左・左
◎(捕)西村 拓也 3年 (高千帆)174 66 右・右
 (一)持田 伸一 3年 (厚 狭)175 84 右・右
 (二)吉田 将也 3年 (菊 川)169 72 右・左
 (三)藤田 悦史 3年 (藤 山)171 62 右・左
 (遊)青木 伊織 1年 (常 盤)173 55 右・右
 (左)山本 貴大 3年 (小野田)176 66 右・右
 (中)和泉 拓磨 3年 (竜 王)179 68 右・右
 (右)吉武 大輝 3年 (小野田)173 67 右・右
 (補)原田 幹大 3年 (大 道)156 51 右・右
 (〃)爲近 友輔 3年 (竜 王)167 58 右・右
 (〃)秋本 和輝 3年 (小野田)166 66 右・右
 (〃)清水 元太 3年 ( 楠 )168 85 右・左
 (〃)岩崎 勇樹 3年 (伊 佐)176 59 右・右
 (〃)下瀬健太朗 3年 (東岐波)170 65 右・右
 (〃)瀬山 晃輝 3年 (藤 山)173 67 右・右
 (〃)長部 泰志 2年 (黒 石)174 66 右・右
 (〃)加藤 竜馬 2年 ( 楠 )158 53 右・右
 (〃)中村 拓人 2年 (埴 生)171 62 右・左
 (〃)松浦 憂也 1年 (高千帆)174 65 右・右

最終更新:7/6(木) 13:56
宇部日報