ここから本文です

中二病で『白金』というあだ名をつけられていた!?

7/6(木) 0:11配信

ニッポン放送「しゃベル」

6月28日(水)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記、水曜日1ヶ月限定アシスタント:私立恵比寿中学。真山りか)に、女性4人組ロックバンド『赤い公園』の津野米咲と藤本ひかりが出演し、藤本の”ヤバさ”について語った。

ギター担当の津野は、SMAPやモーニング娘。にも楽曲提供経験があり、バンドの楽曲も手掛けるソングライター。藤本はベース担当で、ライブでは激しいパフォーマンスを見せることで知られている。

この日はそんな2人を迎え、バンド活動にまつわるトークを展開していたが、そうした中、藤本の普段の様子が“ヤバい”という話で盛り上がった。

本人は自覚は無いそうだが、この日も藤本は手元のメモにあみだくじを書き「これはラブレター」と言ったり、そのメモの裏面には、顔のパーツのバランスがおかしいウサギを描いて「やっぱり飼い主に似るんです」と、摩訶不思議な発言を連発し周囲を困惑させる。しかし藤本と付き合いと長い津野は「これ掘っても何も出てこないです、申し訳ないです」と、その扱いに慣れた様子だった。

そんな藤本だが、津野と初めて出会った高校生の時は今の様な感じでは無かったようで、当時は津野いわく「クール」だったらしく、いわゆる中二病に近い状態だったという。爪を黒くし、1人でいつもフラフラして、「私は音楽が友達なんだわ」という感じだった藤本。当時のあだ名は髪をクルクルに巻いていたことから『白金』だったそうだ。これについて藤本は「それがカッコいいと思っていた」と弁明した。

そんないろいろとヤバい藤本に、津野は自身の作った曲のイメージを伝えるときに、ある方法を使うという。

吉田:津野さんが曲作って持ってきて、藤本さんたちに託すわけでしょ?なんて言って託してるんですか?

津野:言葉のやり取りは、もう言葉が通じないことは慣れてるんで、顔とか空気とかで。

吉田:顔で伝えるの?(笑)。

津野「『ウラッ!』っつって『ガッ!』っつって」みたいな(笑)。

藤本:顔と空気でもうバッチリ、ね?

吉田:伝わるんですね。

真山:すごーい!動物園みたい!

津野:いやもう本当そう!動物園ならまだよかった!ジャングルだもん酷い時!

言葉で伝えるよりも、顔や空気感で意思疎通を図るという赤い公園。
ちなみに6月21日(水)に発売した新曲『journey』では、藤本は「砂漠を練り歩く」イメージでベースを弾いているという。これには津野も「そうみたいです(笑)」と、苦笑いだった。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ミュ~コミ+プラス」
放送日:6月28日(水)24時~24時53分
パーソナリティ:吉田尚記
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170629000000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/mcplus/

ニッポン放送