ここから本文です

文政権 気さくな大統領演出、支持率80%超え

7/6(木) 12:30配信

ニュースソクラ

難題は北朝鮮 「月光政策」実現できるか?

 5月に船出した文在寅(ムン・ジェイン)政権に対する支持率が2ヵ月近く高水準を保っている。 韓国ギャラップが6月28-29日にわたって調査した最新の支持率を見ても、「よくやっている」「比較的よくやっている」という肯定的な回答がおよそ80%に上った。

 朴槿恵(パク・クネ)前政権の就任当初の支持率42%より2倍近く高い数値であり、他の歴代政権と比較してみてもはるかに高い数値だ。

 前任の大統領が弾劾されるという国家的非常事態から出発した文在寅政権は、歴代大統領のような政権を運営するための準備期間をもたずに発足した。現在にいたるまで人選や組閣、政策路線など、政権の実体が完全には整っていない状態だ。

 異例的とも言える高い支持率は、実際に「よくやっている」という意味より、「よくやってくれることを期待する」という国民の意識の大きさの現れだろう。それに加え、歴代大統領たちに見られなかった文氏の脱権威主義的な政治スタイルもまた高い支持率を後押ししている。

 文在寅大統領は青瓦台の公式会議の席でも人に頼らず自らコーヒーを取りに行ったり、秘書たちの分までカップに注いだりする。外出時にも急に車から降りて市民たちと写真を撮ったり、握手を交わしたり。

 トランプ米大統領との首脳会談のために訪米の途に就いた6月28日には、大統領専用機が駐機するソウル空港に、これまでの慣例とは違い大統領を見送るための閣僚たちによる「歓送団御一行様」は登場しなかった。

 さらに専用機のタラップを昇る文大統領は自らの手でカバンを握っていた。 「改革」と「疎通」を強調し、「権威」を脱ぎ捨てた新任大統領の型破りな姿に韓国国民は熱狂しており、マスコミも連日、好意的な記事を掲載している。野党からは「怖いほどよくやっている」という言葉まで出ている。

 しかし、順風満帆にみえる文政権の将来には、北朝鮮という難題が潜んでいる。大統領候補時代から対北朝鮮融和政策を公約にしてきた。外交部(日本の外務省に該当)をはじめ、統一部(統一省)、国防部(国防省)、国家情報院、大統領府国家安保室まで、外交、安保分野の組織トップをすべて対北朝鮮「対話派」と目される人物ばかり任命した。

 実務責任者についても、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の「自主派(米韓協調路線よりも、南北が自主的に交渉すべきとする外交部の人脈)」たちをそれぞれ任命している。しかし、対話よりも制裁や孤立させることで北朝鮮問題を解決しようとする外交手法で、米国をはじめとした国際社会がまとまりつつあるなか、文政権の対北融和政策が受け入れられにくい状況にある。

 対話を強調する新政府が誕生したにもかかわらず、ミサイル実験等で挑発を止めない北朝鮮に対する韓国国内の世論はいまも強硬だ。北朝鮮との対話を模索する文大統領にはやっかいな状況だ。

 文政権は、米国が主導する国際社会の対北朝鮮制裁に該当しない民間レベルの文化交流を活性化させることで、南北対話の突破口を探している。

 新大統領就任後、韓国の統一部は、二ヵ月間だけで既に10件以上の南北民間団体の交流を許可した。特に力を入れているのがスポーツを通じた南北交流だ。

 大統領は6月24日、韓国で開催された世界テコンドー選手権大会の開幕式に出席し、北朝鮮に向けて2018年2月に予定される平昌(ピョンチャン)冬季五輪の南北合同チームを公式に提案した。これに先立つ20日には文化体育観光部(日本の文科省に該当)の都鐘煥(ト・ジョンファン)長官が、平昌五輪の「南北分散開催の構想」を明らかにしている。

 実務レベルでは日程などの状況を考慮して「無理だ」という指摘も多いが、トーマス・バッハIOC委員長は「対話と和解こそが五輪の精神」とし、韓国政府の構想に好意的な反応を示している。

 政権引き継ぎ委員会の役割を務める国政諮問委員会も「2018平昌五輪・パラリンピックに北朝鮮が参加することへ向け、国際機関及び関係機関協議を推進する」と明らかにし、これから平昌冬季オリンピックを韓国政府が推進する南北交流の目玉とすることを示した。

 金大中(キム・デジュン)元大統領の対北朝鮮融和政策だった「太陽政策(サンシャインポリシー)」を継承する形の「月光政策(ムーンシャインポリシー)」を打ち出すと公言してきた文大統領。本当に平昌五輪を通じて北朝鮮を対話の場に引き出すことができるだろうか?

 果たして北朝鮮の金正恩政権は韓国の文在寅政権が差し出した手を握ってくれるのだろうか。高支持率が続いている文在寅政権の成功はまさに北朝鮮にかかっているといえよう。

金 敬哲 (ジャーナリスト 在ソウル)

最終更新:7/6(木) 12:30
ニュースソクラ