ここから本文です

成田の夏を祭り一色に 「祇園祭」7日から3日間

7/6(木) 10:15配信

千葉日報オンライン

 千葉県成田市の成田山新勝寺と参道周辺を舞台に行われる一大イベント「成田祇園祭」が、7日から9日まで開催される。成田山と周辺9町内の山車・屋台計10台が3日間にわたり威勢よく引き回され、成田の夏を祭り一色に染める。 祇園祭は江戸・享保年間から約300年続くとされる成田の夏の風物詩。

 7日は午後1時半から新勝寺大本堂前に山車と屋台が勢ぞろいし、各地区のおはやしや踊りが一斉に競演する「総踊り」で開幕。8日午前9時からはJR成田駅前広場で総踊りが始まり、午後10時まで山車や屋台が町内を練り歩く。

 9日は午後1時ごろから参道の急坂を山車と屋台が次々と駆け上がる「総引き」が行われ、午後4時半から大本堂前で山車と屋台の競演と総踊りでフィナーレ。その後は午後11時ごろまで引き回しが続く。

 期間中、参道周辺は交通規制が実施される。問い合わせは実行委員会(電話)0476(22)2102。