ここから本文です

【NFL】ベアーズ新人QBトゥルビスキー、準備でき次第デビューか

7/6(木) 12:15配信

NFL公式サイト日本語版

先週放送されたNFLのラジオ番組『SiriusXM(シリウスXM)』のインタビューの中でシカゴ・ベアーズの新人クオーターバック(QB)ミッチェル・トゥルビスキーは先発争いに関し、マイク・グレノンには“遠く及ばない”と語っていた。しかし、周囲の人間はその発言をどう捉えたのだろうか。

【2016年第17週】ベアーズ対バイキングス

『NFL Network(NFLネットワーク)』のスティーブ・ワイチと殿堂入りが秒読みともうわさされる元ワイドレシーバー(WR)レジー・ウェインは先週放送された『NFL Total Access(NFLトータル・アクセス)』の中で、ベアーズの先発QBを決定付ける要素に関して熱い議論を交わした。ワイチは次のように語っている。

「もし(トゥルビスキーの)準備ができているなら彼が先発。もしジョン・フォックス(ヘッドコーチ/HC)がトゥルビスキーは準備完了だと判断すれば、彼が先発になるだろう。多くの人はトゥルビスキーはまだ大学での経験しかないと言う。確かに彼にはまだプロの試合経験はないが、フォックスHCにとっては今年がベアーズに所属する最後の年になるかもしれない。そんな状況では彼もベストのQBを選択したいはずだ。私としてはミッチェル・トゥルビスキーという選択肢は短期的ではなく長期的に見てもチームの答えだと思っている。だからこそ、チームはトレードアップしてまで彼を獲得したのだろう。ダック・プレスコットやカーソン・ウェンツが前年よりも悪いパフォーマンスを見せることはないだろう」

一方のウェインはこのように応じた。

「リーグには今、好調でないチームを指揮しているHCもいる。フォックスHCはWRの補強を急ぐべきだ。さもなければ本当に解任にもなりかねない。だから、今はトゥルビスキーも試合を見ながらその時を待つべきだし、座りながら学習すべきだ。確かに周りの人間はトゥルビスキーが大学で13試合に先発出場した経験があると指摘するし、確かにそれは大きな要素だ。だが、ベアーズの今季スケジュールは確認した方がいい。最初の開幕4連戦は(アトランタ)ファルコンズ、(タンパベイ)バッカニアーズ、(ピッツバーグ)スティーラーズ、(グリーンベイ)パッカーズと非常にタフだ。そしてその次は(ミネソタ)バイキングス、(ボルティモア)レイブンズ戦を迎える。そんなハードな試合から新人のトゥルビスキーを無理に起用することはない。彼はベンチで学習すべきだ」

1/2ページ