ここから本文です

完走率約50%…過酷!?な「NAHAマラソン」チャリティランナー募集中!

7/6(木) 15:00配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」7月6日(木)の放送で、12月3日(日)に沖縄で開催される「NAHAマラソン」に協賛しているエヌエヌ生命と番組がコラボレーションすることを発表しました。同番組のリスナーから「エヌエヌ・チャリティランナー」を募集します。

「NAHAマラソン」は1985年にスタートし、毎年12月に開かれている42.195キロのフルマラソン。ランナーは約30,000人、さらに約4,000人のボランティアが関わる那覇市をあげての一大イベントとなっています。90%近いランナーが完走する「東京マラソン」や「大阪マラソン」に次ぐ規模ですが、完走率は通常60~70%程度、特に、例年に比べ気温が高かった昨年は50%程度と、“過酷なコ-ス”としても知られているようです。

そんな「NAHAマラソン」で毎年実施されているのが、「エヌエヌ・チャリティランナー」と呼ばれるチャリティプログラム。これは、見事「NAHAマラソン」を完走した場合、ランナー1人につき1万円が協賛のエヌエヌ生命から沖縄県社会福祉協議会に寄付されるというもので、そのお金は沖縄県内の児童養護施設の子供たちの学習支援に活かされるそうです。

(TOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」2017年7月6日放送より)

最終更新:7/6(木) 15:00
TOKYO FM+