ここから本文です

福岡・大分で大雨特別警報 九州北部中心に大雨続く

7/6(木) 4:34配信

ウェザーマップ

 福岡県と大分県では、これまでに経験したことのないような大雨となっていて、きのう5日(水)に引き続き、大雨特別警報が発表されている。命に係わるような甚大な災害が発生する危険性が高まっており、最大級の警戒が必要となる。

 きょう6日(木)も、梅雨前線が西日本に停滞しており、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる。
 その影響で、西日本を中心に大気の状態が非常に不安定となっていて、九州北部地方では、局地的に雷を伴った猛烈な雨が降り、大雨となっている。

 この先も梅雨前線が停滞するため、九州北部地方では、きょう朝にかけて猛烈な雨が続き、あす7日(金)も非常に激しい雨が降る見込みだ。
 大雨が続き、総雨量がさらに増えるおそれがあるため、九州北部地方を中心に、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要となる。

■予想雨量(あす7日(金)午前6時までの24時間・多い所)
 九州北部地方    250ミリ
 九州南部・奄美地方 150ミリ

 福岡県と大分県では、大雨特別警報が継続しているため、最大級の警戒が必要だ。