ここから本文です

シリコンバレーで大人気の「ウールのスニーカー」…注目商品を続々リリースする「D2C」とは?

7/6(木) 11:30配信

ホウドウキョク

世界各地とスカイプ中継をつないで最新のスタートアップ企業事情をお伝えしている「ワールド・テック・リポート」。今回はサンフランシスコにいるRE Co., Ltd.の江原理恵さんから、注目を集める2つの会社を紹介していただいた。

【画像】ウールでできたスニーカーや全米の女子が夢中のコスメ

世界一履き心地がいいスニーカー

新美有加アナウンサー
1つ目の会社は、シリコンバレーでも大人気の『ウールで出来たスニーカー』を手がける会社です。

江原理恵さん
こちらは「Allbirds」というブランドです。
ニュージーランドの元サッカー選手と、サンフランシスコの技術者がコラボレーションして、画期的なスニーカーを作っています。創業者したのはティム・ブラウンという人で、彼がサッカー選手時代だったときはナイキとかアディダスとかから靴をもらっていたんですが、そういう合成素材でブランドロゴが乗ったスニーカーとは違うモノが作りたいということで、このブランドを始めたそうです。

江原
1足95ドルで、とにかく世界一履き心地がいいと言われているんです。わたしも今週お店に行ってきたんですが、こういうかわいいパッケージに入ってるんですよ。

新美
あっ、不思議な開き方で片足ずつ入ってるんですね。

江原
そうですね。 素材はスーパーメリノウールというモノを使っていて通気性がすごくいいんですね。中敷きは消臭効果があったり、さまざまなテクノロジーを駆使して作られています。さらにこの靴は洗濯機で洗うこともできるんです。

ジャーナリスト佐々木俊尚
僕はスニーカーマニアで、このブランドは3か月ぐらい前に見つけて、素晴らしいから買おうとしたんですけど日本には出荷してなかったんですよ。履き心地はいかがですか。

江原
私は、もともとデザインで靴を買うタイプで機能性を重視してなかったんですが、すごく足にフィットします。アメリカは道が悪い場所が多いんですが、この靴は1日中歩いても全然疲れません。

佐々木
路面店も出しているんですね。

江原
私の行った1か所だけです。ショールーム型の店舗で、裏に本社があります。特に立地がいいというわけではないんですけど、ソーシャルメディアなどを見て実際に試したいという人がたくさんいらっしゃっていました。

1/3ページ

最終更新:7/6(木) 11:30
ホウドウキョク