ここから本文です

只見川で男性流され死亡か 川岸近くで「ドボン」という音

7/6(木) 11:02配信

福島民友新聞

 5日正午、柳津町細八の只見川で「人が川に流されている」と町役場を通じて会津坂下署に通報があった。同署や会津若松地方消防本部などで捜索し約1時間30分後、約2キロ下流の藤大橋近くの岸の辺りに人が浮いているのを見つけた。
 同署によると、見つかったのは男性で、会津坂下町の病院に搬送されたが死亡が確認された。同署は事故、自殺の両面で調べている。
 関係者によると、亡くなったのは、柳津町の50代男性とみられる。約3週間前から行方が分からなくなり、町などが捜していた。
 同日午前、町内にいるのを知人が見つけ、連絡を受けた町職員らが話を聴いていた。途中、男性が走って立ち去ったため、職員らで捜したところ、川岸近くで「ドボン」という音が聞こえ、男性が川に流されていたという。
 県によると、只見川は3、4両日の大雨で水位が上がっていたが、5日昼ごろは通常の水位に戻っていたという。

福島民友新聞

最終更新:7/6(木) 11:02
福島民友新聞