ここから本文です

レッドブルリンクのコーナー数を合計10に変更。MotoGP基準に合わせ

7/6(木) 12:56配信

motorsport.com 日本版

 今週末に行われるオーストリアGP。その舞台となるレッドブルリンクのコーナーの”数え方”を、今年からMotoGPに合わせることになった。

【コース図】2017年オーストリアGPの舞台、レッドブルリンクのコース図

 2014年にF1カレンダーに復帰したレッドブルリンク。そのコーナー数は全部で9であり、F1開催サーキット中最も少ない数字だった。

 ただ今年は、そのコーナー数がひとつ増え、全10コーナーとなる。とはいえ、コースが改修され、コーナーが増やされたわけではなく、ターン1とかつてのターン2の間に存在する緩い左カーブを、コーナーのひとつとして計上することになっただけだ。これは、同じくオーストリアGPをレッドブルリンクで開催する、MotoGPと同じカウント方法だ。

 これにより、昨年の最終ラップでメルセデスのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグが相打ちしたタイトな右コーナーは、昨年まではターン2だったが、今年からはターン3となる。

縁石の”配置”を変更

 FIAは、昨年多くのマシンがダメージを受けることになったオレンジ色の”長方形”の縁石の間に、間隔を追加することを確認した。これらの縁石は、ターン6、ターン9、ターン10の出口に取り付けられるが、各々3.2m離れて設置される。

 ターン4とターン7、そしてターン8にはタイヤバリアが追加。さらにピットレーンの入り口には、昨年ダニール・クビアト(トロロッソ)があわや大クラッシュというシーンがあったのを受け、ガードレールの周囲にテックプロ・バリヤが備え付けられている。

Jonathan Noble