ここから本文です

錦織 苦労、1番の敵は羽アリ「ラリー中に2回くらい顔に当たった」<男子テニス>

7/6(木) 3:11配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ウィンブルドン、芝、グランドスラム)は5日、男子シングルス2回戦が行われ、2年連続5度目の3回戦進出を果たした第9シードの錦織圭が会見で、試合中に飛んでいた羽アリに苦労を強いられたと明かした。

【錦織らウィンブルドン対戦表】

この日、コート1には大量の羽アリが飛んでおり、錦織は「びっくりしました。悪い時はラリー中に2回くらい顔に当たってきた。試合後にバッグの中を見たら10匹くらい入っていた。あそこ(コート1)ではやりたくない(笑)」とコメントし、記者たちから笑いに誘った。

世界ランク122位のS・スタコフスキ(ウクライナ)を6-4, 6-7 (7-9), 6-1, 7-6 (8-6)で下した錦織は「2・4セット目はタフでした。(第2セットを落として)多少のショックはありましたけど、(第3セットは)いい流れで始められた。(第4セットの)タイブレークも危なかったですが、4セットで終えられて良かったです」と振り返った。

続けて「彼(スタコフスキの)サービスがいい時はブレークチャンスもない。この勝利は自信を持って次も迎えられる」と手応えを得ていた。

3回戦では、第18シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と対戦する。両者は今回が5度目の顔合わせで、錦織の4連勝中。

上位シード勢が順当に勝ち進んだ場合、4回戦で第7シードのM・チリッチ(クロアチア)、準々決勝で第4シードのR・ナダル(スペイン)と顔を合わせる組み合わせ。

tennis365.net

最終更新:7/6(木) 6:16
tennis365.net