ここから本文です

【MLB】イチローまさかの牽制死も…3052安打で米国出身者以外の最多安打記録に「1」

7/6(木) 12:34配信

Full-Count

代打で左前打を放ち歴代24位カルーに「1」、マーリンズは勝利

 マーリンズのイチロー外野手は5日(日本時間6日)の敵地カージナルス戦に代打で出場。左前打でメジャー通算3052安打とし、歴代24位のロッド・カルー(3053本)まで残り「1」とした。マーリンズは9-6で勝利した。

イチロー、メジャー通算では今何位? MLB歴代通算安打数ランキング

 ベンチスタートのイチローは4点リードの5回2死の場面で、先発右腕ボルケスの代打で登場。23歳の右腕ウィーバーに2球で追い込まれるも、1球ファウルの後、直球を鮮やかなライナーでレフト前に運んだ。

 イチローは6月27日(同28日)のメッツ戦以来、出場7試合ぶり、10打席ぶり(1四球含む)のヒットで歴代24位の安打数まで「1」と迫った。しかし、今季まだ盗塁0の背番号51は、続くゴードンの打席で牽制死。得点につなげることはできなかった。打率.210。守備にはつかず、そのまま交代した。

 それでも、歴代24位のカルー(3053本)までは残り「1」に。米国出身者以外で3000安打に到達しているのは、カルー(パナマ)、ラファエル・パルメイロ(キューバ、3020本)、ロベルト・クレメンテ(プエルトリコ、3000本)のみ。イチローは、米国出身者以外での最多安打記録にも王手をかけたことになる。

 マーリンズはそのまま勝利。連勝でカージナルスに勝ち越した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/6(木) 12:34
Full-Count