ここから本文です

タオル騒動で紳士的対応「少年知っていたら僕にツイートして」<男子テニス>

7/6(木) 19:24配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ウィンブルドン、芝、グランドスラム)は大会2日目の4日、第17シードのJ・ソック(アメリカ)が観客席の少年へウィンブルドンタオルを渡したが、このタオルをめぐったトラブルが発生し、大きな話題となっている。

【錦織らウィンブルドン対戦表】

この日、男子シングルス1回戦でソックがC・ガリン(チリ)に6-3, 4-6, 7-6 (7-4), 6-3で勝利した直後、それは起きた。

ソックが試合後に自身のベンチへ戻った際、少年にタオルを投げたが、前に座っていた男性とタオルの取り合いになり、最後は男性が強引に奪った。

この様子の動画がネットで話題となり、ソックも自身のツイッタ―で「もし誰かタオルを奪われた少年を知っていたら、彼(少年)の名前を僕にツイートしてください。彼にタオルを届けることを約束します」と紳士的な対応を見せた。

さらに、A・マレー(英国)の母であるジュディ・マレーもツイッタ―で「もし、あなたが青いポロシャツに帽子を被った男なら、自分を恥じるべき」とタオルを奪った男性に対し苦言を呈した。

この騒動がネットで広がったことでウィンブルドンだけでなく、全豪・全仏・全米オープンの公式ツイッタ―からも、この少年に各大会のタオルをプレゼントしたいというコメントが寄せられている。

tennis365.net

最終更新:7/6(木) 19:24
tennis365.net