ここから本文です

市町村の資機材確認へ 災害廃棄物で官民会議

7/6(木) 11:00配信

宮崎日日新聞

 大規模災害で発生するがれきなどの災害廃棄物を処理する体制づくりに取り組む、県災害廃棄物処理対策ネットワーク会議(40機関)は5日、県庁で会議を開いた。市町村や廃棄物処理関連団体などから担当者約60人が参加。市町村ごとの対処能力を把握するため、収集運搬車など各自治体内で利用可能な資機材を本年度調査することを確認した。

宮崎日日新聞

最終更新:7/6(木) 11:00
宮崎日日新聞