ここから本文です

西之島最新映像 さらに拡大

7/6(木) 7:42配信

ホウドウキョク

およそ1年半ぶりに噴火した小笠原諸島の西之島の面積が、さらに拡大したことがわかった。
海上保安庁が6月29日、西之島を観測したところ、5月2日の観測時よりも溶岩流の先端がさらに海上に張り出し、島が西におよそ160メートル、南西におよそ130メートル広がっていたことが確認された。
島の面積は2.8平方kmから2.9平方kmに拡大し、東京ドームおよそ62個分となった。
火山活動が続いていることから、海上保安庁は、付近を航行する船舶に注意を呼びかけている。

画像つきで記事をみる