ここから本文です

大雨特別警報解除でも警戒継続を

7/6(木) 20:38配信

ホウドウキョク

気象庁は、福岡県と大分県の大雨特別警報は解除されたものの、引き続き、土砂災害などに厳重な警戒を続けるよう呼びかけている。
気象庁は、6日午後2時すぎに、福岡県と大分県の大雨特別警報を解除し、大雨警報や注意報に切り替えた。
しかし、九州北部は大気の状態が不安定で、7日夕方にかけて、断続的に非常に激しい雨が降る見込み。
これまでの豪雨で地盤が緩んでいるため、気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水などに厳重に警戒するよう呼びかけている。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/6(木) 20:38
ホウドウキョク