ここから本文です

「銘仙」柄の浴衣を復刻 横浜高島屋と学生コラボ

7/6(木) 18:37配信

カナロコ by 神奈川新聞

 横浜高島屋(横浜市西区)は、大妻女子大学家政学部被服学科の学生とコラボした「銘仙デザイン」の浴衣を販売している。約100年前、大胆で生き生きとしたデザインがはやった着物の銘仙。その柄の30種類のうち、学生120人のアンケートで人気だった4柄を浴衣で復刻した。価格は各4万3200円。

 トンボ柄や亀甲とツバキの花柄、黒い水面(みなも)と波しま柄など、会員制交流サイト(SNS)での写真写りの良さも意識した。同大3年生の塩崎美里さんは「銘仙柄は独特な強い色彩が目立ち、その場が華やぐ。着心地もいいです」とPRした。

 8日は、同店で同大学の学生がモデルとなってトレンドや着こなしを紹介するフロアショーも開催し、商戦を盛り上げる。問い合わせは横浜高島屋電話045(311)5111。