ここから本文です

途中出場の青木、2出塁2得点1盗塁 千金二塁打で決勝点演出、ア軍4連勝

7/6(木) 12:22配信

ベースボールキング

● ブレーブス 4 - 10 アストロズ ○
<現地時間7月5日 サントラスト・パーク>

 アストロズの青木宣親が5日(日本時間6日)、ブレーブスとのインター・リーグ(交流戦)に途中出場し、二塁打と四球で2出塁。さらに1盗塁2得点を記録し、チームの4連勝に貢献した。

 青木は4-4の同点で迎えた6回裏、2番手右腕・デベンスキーの登板に伴い、ダブルスイッチで「9番・左翼」のポジションに入った。さっそく左飛を処理したあと、直後の7回表は先頭打者として打席へ。過去の対戦で相性が良い、ブレーブスの先発左腕・ガルシアから左中間を破る二塁打を放ち、勝ち越しの好機を演出した。

 続く1番スプリンガーの中前適時打で、二塁走者の青木が決勝点となるホームイン。アストロズ打線はその後も安打を連ね、7回に3点を勝ち越した。

 青木は8回も先頭打者として打席に入り、ブレーブスの4番手右腕・ウィスラーから四球を奪取。続くスプリンガーの打席で今季5盗塁目となる二盗を決めると、二死三塁から、3番レディックの適時二塁打で8点目のホームを踏んだ。

 この日は2打席とも先頭打者として出塁し、1安打1四球で2得点。さらに盗塁も記録し、打率は.266となった。

 アストロズ打線はこの日も打ちまくり、終わってみれば16安打で10得点。3戦連続の2ケタ安打で、今季最多を更新する貯金「31」とした。

BASEBALL KING