ここから本文です

荒行に挑む 中能登の不動滝で滝開き

7/6(木) 2:09配信

北國新聞社

 中能登町井田の町名勝「不動滝」で5日、石動山系に夏本番を告げる滝開きが行われ、僧侶や住民らが高さ20メートルから流れ落ちる冷水に打たれる荒行に挑んだ。

 滝を奥の院とする真言宗圓光寺(えんこうじ)の長谷契俊(けいしゅん)住職らが法要を営み、滝に野菜が投げ込まれた後、白装束の僧侶と一般参加者が滝つぼに入った。御詠歌が響く中、滝に入った人は一心不乱に般若心経を唱え、無病息災や家内安全を祈った。

 護摩法要も営まれた。

 参加者によると、前日までの大雨の影響で、例年より水量は多かったという。今回で5回目の参加となる七尾市石崎町の武田正さん(80)は「水の勢いが強く、より一層、身が清められた」と達成感に浸った。

北國新聞社

最終更新:7/6(木) 2:09
北國新聞社