ここから本文です

マックィーンが人間に!?「カーズ」最新作、野村周平主演で異例の実写ミニドラマ化

7/7(金) 5:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] ディズニー/ピクサーによる人気シリーズ第3作「カーズ クロスロード」が、「ランナーズ クロスロード」として実写でミニドラマ化され、主演を野村周平が務めていることがわかった。あわせて、「ランナーズ クロスロード」のティザー予告編がお披露目された。

【動画】「カーズ クロスロード」実写版ミニドラマティザー予告編

 「カーズ」シリーズは、真っ赤なレーシングカーのライトニング・マックィーンが、レーサーとして成長していく物語。第3作では、マックィーンが次世代レーシングカーのジャクソン・ストームらの台頭やレース中の大クラッシュをきっかけに、人生の岐路に立たされる様子を描いた。

 「ランナーズ クロスロード」は、陸上競技にすべてを賭けるランナー・幕井雷斗(野村)の葛藤を見つめる。陸上部でエースとして活躍する幕井の前に、才能あふれる1年生のツトムが現れる。そんななか、幕井は競技中に転倒してしまい、仲間の来栖とともに人生の岐路に立ち、運命の決断をする。「カーズ クロスロード」の物語を人間の世界に置き換えた内容で、ディズニー/ピクサーが公認した、極めて異例のミニドラマとなっている。

 野村は、アニメーションではクルマの主人公を演じ、「人間ドラマなので、やりづらいと感じることなくできました。(幕井の)気持ちもすごく分かりやすくて、感情移入がしやすかったですね」とコメント。マックィーンが感じた“クロスロード”の苦悩を体現しきったようだ。

 このほど公開されたティザー予告編は、「ずっと走り続けてきた。これからも走り続けると思っていた」というナレーションとともに、マックィーンと同じ95番のナンバーを身につけた幕井がレースを始める姿からスタート。ふいにほかのランナーに抜かされ呆然とする幕井は、ついには転倒。来栖が必死に応援する様子で終了している。

 「ランナーズ クロスロード」は、特設サイト(http://www.disney.co.jp/movie/runners-crossroad)で配信予定(日時は未定)。「カーズ クロスロード」は、7月15日から全国で公開。

最終更新:7/7(金) 5:00
映画.com