ここから本文です

グラドル森下悠里 自ら体験した「枕営業の手口」を衝撃暴露

7/7(金) 1:18配信

東スポWeb

 グラビアアイドルの森下悠里(32)が6日深夜放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演し、グラビア界での“枕営業”の実態を告白した。

 ゲスト出演した森下は「グラビア界で枕営業の話って、昔からあると思うんですけど、12年間(グラビアを)やっていて思うのは、確かに一部ではいまだにあるなあ」と切り出した。

 MCのネプチューン・名倉潤(48)は「枕営業って誰と寝るの?」と質問。森下は「偉い方。決定権のある方です」と返答し、実際にオファーされた過去があると告白した。

「デビュー当時の20歳になって間もないころに、ある有名な出版社の名前を言われて、そこで『写真集を出したいよね?』と言われて『出したいです』と答えました。『じゃあ打ち合わせに行こうか』と言われて、大きな会社に行くのかなと思っていたら、ホテルのスイートルームに連れて行かれたんです」

 生々しい告白は続く。「そこにバスローブを着たおじいさんが座っていたんです。そして『どうするの?』と言われて…。気がついたら私を連れてきた人はいなくなっていたんです」

 これには次長課長・河本準一(42)や華原朋美(42)ら出演者は「え?」「こわっ」。名倉から「それでどうしたの」と聞かれた森下は「ちょっとお手洗い行ってきますとウソをついて、バッグを持って逃げました」。森下が体験したリアルすぎる手口と危機脱出に出演者は驚きの声を上げるしかなかった。

最終更新:7/7(金) 11:04
東スポWeb