ここから本文です

7日からG20サミット 「米国第一主義」と「反逆精神」、試されるメルケル首相の賭け

7/7(金) 6:20配信

ZUU online

トランプ米大統領の発言をめぐり足並みが乱れた5月のG7に続いて、注目のG20サミットが7月7日から8日まで、ドイツのハンブルクで開かれる。メルケル首相は「賭けに出た」(ロイター通信)というように、デモ隊の規制が難しく、自由貿易の象徴的な港湾都市ハンブルクをあえて開催地に選んだ。

同首相は気候変動、自由貿易、移民といった議題をめぐって、結束が乱れたG7の結果を受けて、トランプ氏に強い態度で対峙する構えだ。デモを規制し、粛々と行われる従来のサミットとはまったく様相を異にする。

■騒然としたデモを前にしたG20開催の狙い

サミットがあえてデモ隊を規制しない都市で開催されるのは、特にトランプ氏、ロシアのプーチン大統領、トルコのエルドゥアン大統領らに対して、開かれた民主主義というメルケル首相の強いメッセージである。

警察が予想される25余りのデモや暴動の取り締まりに失敗すれば、9月の連邦議会選挙戦を控えるメルケル首相にとって大きな失点になる。それでもG7の二の舞を望まないメルケル首相は賭けに出るようだ。

G20の焦点は、パリ協定から離脱を鮮明にし、保護主義的な貿易政策、移民に反対するトランプ氏にメルケル首相がどこまでプレッシャーをかけられるかにある。G20の成果は予見できない状況だ。1つ注目される側面は、米ソ首脳会談はじめ日米韓3国首脳会談、米中首脳会談など、G20の合間に予定される各種首脳会談である。

■「米国第一主義」と「反逆精神」との激突か?

ドイツ高官は「ハンブルクではなにが起こるか分からない。強い一体感を打ち出すサミットにならないのは間違いない」(ロイター)という。メルケル首相報道官は「わが国では、人々が声を挙げる権利を持っている。すべての市民に抗議する権利がある」と述べた。警備当局者によると、8000人ほどのアナーキーや左翼過激派が、G20前夜に「地獄へようこそ」というプラカードを掲げて抗議行動を計画している。数万人がサミット会場を取り囲む見通しだという。対する警官は約2万人。

今回のG20は、トランプ氏の「米国第一主義」と、メルケル首相の「自らの運命のために戦う」とまで言わせたG7 に対する「反逆精神」との試し合いの舞台になる見通しである。同首相はG7後、キリスト教社会同盟(CSU)の集会で、「相手(米国)を完全に頼ることができた時代は過ぎた。私たち欧州人は自身の運命を自身の手で切り開いていかなければならない」と宣言していた。

G20は自由主義諸国に生じた亀裂が、修復されるのか深化するか、試されるサミットになる。ハンブルクのシンクタンク、エルカノ・ロイヤル・インスティテュートのシニアリサーチフェロー、U・スペック氏は「何でもありだ。西側諸国に明確な姿勢があるわけではない。国際社会の景色が一変してしまった」(ロイター)と話している。(長瀬雄壱 フリージャーナリスト、元大手通信社記者)

ZUU online

最終更新:7/7(金) 6:20
ZUU online