ここから本文です

ビーチスポーツの拠点へ 寺泊にコートオープン

7/7(金) 9:59配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 長岡市が寺泊中央海水浴場で整備を進めていたビーチスポーツコートがオープンした。ビーチバレーやビーチテニスなどが楽しめ、ネットやボールなどの用具のレンタルも含め、無料で使える。管理・運営する寺泊総合型スポーツクラブ「てらスポ!」は、寺泊の海と砂浜の魅力を多くの人に体験してもらいたいとしている。

 コートは約2千平方メートル。ビーチバレーのコート4面があり、ビーチテニスやビーチサッカーのコートとしても使える。市が約470万円で整備し、簡易トイレ1基とスポーツ用具をしまうコンテナも設置した。ネットやボール、ラケットなどは「てらスポ!」が貸し出す。ドッジボールやビーチフラッグスなども楽しめる。

 2日には体験会が開かれ、約150人が参加。全員で海岸清掃をした後、砂まみれになりながらビーチテニスやサッカーなどを楽しんだ。参加した寺泊小学校5年の児童(10)は「砂浜でサッカーをするのは初めて。動きにくかったけれど楽しかった」と笑顔で話した。

 利用者には、風で飛んできたごみや貝殻でけがをしないよう、コートを使う前にごみ拾いを呼び掛ける。「てらスポ!」の三上徹人会長は「ビーチスポーツはコートをきれいにしてから楽しむのが前提。浜辺の環境美化を訴えるとともに、寺泊をビーチスポーツの拠点にして競技を普及させていきたい」と力を込めた。

 利用できるのは10月15日までの午前9時~午後4時。利用には市寺泊支所への申し込みが必要。利用日の1カ月前から予約もできる。24日~8月15日は「てらスポ!」の職員が常駐し、コートが空いていれば随時利用できる。予約や申し込みは、平日の午前9時~午後4時に市寺泊支所地域振興課、0258(75)3111。