ここから本文です

赤坂の熟成肉専門レストランが低糖質コースを提供 メニューは医師が監修 /東京

7/7(金) 7:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 赤坂の熟成肉専門レストラン「Specialita’di carne -CHICCIANO- (キッチャーノ)」(港区赤坂3、TEL 03-3568-1129)が現在、低糖質のコースを提供している。(赤坂経済新聞)

低糖質メニューを考案した料理長の山縣類さん

 「メニューのない店」として、その日に仕入れた食材で料理を提供する同店。ディナーメニューはコースのみで営業しているが、今年6月、通常のコースより糖質を80パーセントおさえた低糖質コースの提供を開始した。料理長の山縣類さんは「当店はディナーの利用客のうち男性が8割を占め、接待での利用も多いが、赤身肉の低脂肪・高タンパクというヘルシーさに魅力を感じて当店を選んでくださる方は少なくない。しかし、食事に気を遣っている男性客であっても、接待利用時に自分だけパスタやデザートを食べないのでは格好がつかないという声を聞き、低糖質のメニューで構成したコースを考案した」と話す。

 同コースメニューは糖質制限ダイエット「ケトジェニックダイエット」の第一人者である医師・斎藤糧三さんが監修。内容は生ハム盛り合わせ、ワゴンから選ぶ前菜、低糖質パスタ、メインの肉料理、低糖質パン、低糖質デザート、コーヒーで構成する。特にパンは小麦粉を大豆粉に100%代用。パスタも小麦粉の約80%を大豆粉に変え、糖質を大幅に削減した。

 山縣さんは「大豆粉のパスタはグルテンをほとんど含まず、もっちりとした食感ではなくなるためショートパスタにしている。またデザートは甘さを控える代わりにチーズやココアパウダーを使用することで風味を加えるなどし、単に糖質をカットするだけでなく、おいしく食べてもらえる工夫を凝らした。低糖質メニューは通常コースと同じ皿数で提供しているので、糖質も食事相手の目も気にせず、食事を楽しんでほしい」と話す。

 営業時間は、11時30分~14時30分(平日のみ)、18時~23時。日曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク