ここから本文です

新車販売8カ月連続増 静岡県内6月、新型車の投入効果

7/7(金) 7:58配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県内の6月の国内メーカー新車販売台数(登録ベース、軽自動車を除く)は前年同月比14・3%増の9867台と8カ月連続で前年を上回った。

 日本自動車販売協会連合会県支部の6日までのまとめによると、乗用が16・3%増の8777台だった。乗用は昨年8月から、11カ月連続で前年を上回っている。同支部担当者は「個人消費の持ち直しや新型車の投入効果が出ている」とみている。トラックは0・4%減と、ほぼ横ばいの947台。1月からの累計は11・8%増の5万7992台となった。



 ■軽は4カ月連続増

 軽自動車は11・5%増の6406台と4カ月連続で前年を上回った。県軽自動車協会によると、乗用が13・2%増の5040台、バンが9・8%増の857台。トラックは0・6%減の509台だった。

 メーカー別はスズキが11%増の2342台、ダイハツが31%増の1983台。1月からの累計は4・1%増の4万1116台。

静岡新聞社