ここから本文です

草刈正雄&斎藤工、イケメン競演 テレ東SPドラマ「最上の命医 2017」

7/7(金) 6:03配信

デイリースポーツ

 俳優・斎藤工(35)が、主演を務めるテレビ東京系人気シリーズのスペシャルドラマ「最上の命医 2017」(8月放送予定)で、俳優・草刈正雄(64)と“豪華イケメン共演”を披露することが6日、分かった。

【写真】初共演のお笑い芸人とも息ぴったりだった斎藤工

 同ドラマは、2011年に斎藤がゴールデン帯の連続ドラマ単独初主演し、大きく飛躍を果たした出世作で、今作は通算第3弾。斎藤は、自ら病に冒されながらも小さな生命に向き合う主人公の小児外科医・西條命(みこと)を、草刈はその恩師の手塚義富役を演じる。

 2人のドラマ共演は、15年1月のフジ系「上流階級~富久丸百貨店外商部~」以来2年半ぶり。斎藤は草刈を前に「インテリジェントですべてに説得力があります。たたずまい、目線など細かいだけでも意味深い。存在感がとんでもなくある方。スケールの大きさを感じた」と圧倒された様子。「子供や若い命と接する人として、とてもふさわしい方とご一緒できた」と尊敬のまなざしを送った。

 一方の草刈も「彼は何ともいえない独特の雰囲気を持っている」と“後輩”の存在感に一目置いた。ハンサム競演には「僕はもうおじいちゃんだもん(笑)。工さんの魅力にハマってください」と持ち上げた。

 すっかり先輩と意気投合した斎藤は、子供の命を救う場面などでの草刈との化学反応を振り返り、「なぜか感情が一気に高まったシーンもあった、本当に心を動かす作品になった」と充実した表情を見せた。