ここから本文です

パーキンソン病を患う41歳男性がアメリカ版「SASUKE」出場 病気と戦うために鍛えた身体がかっこいい

7/7(金) 7:10配信

ねとらぼ

 アメリカ版「SASUKE」として知られるTV番組「American Ninja Warrior」に、パーキンソン病の男性(41歳)が出場。同病と戦うためにスタートしたトレーニングの成果で、病気どころか年齢さえ感じさせない見事な動きを披露しています。

【画像】練習中に娘とハイタッチ

 Jimmy Choiさんがパーキンソン病と診断されたのは、27歳のとき。手の震えなどの症状から、ボタンを留めたり、靴ひもを結んだりといった日常的な動作に支障が出るようになりました。奥さんはその当時を「dark years(暗い時代)」と話しており、つらい日々を送っていたようです。しかし、Choiさんは2012年、同病と戦うためにトレーニングを開始。トライアスロンに挑戦できるまでに復活し、現在は娘と一緒に「American Ninja Warrior」の練習に取り組んでいるといいます。

 同番組に出場したChoiさんは、まるでアスリートのような引き締まった身体を軽やかに動かし、最初の2つのエリアを突破。かすかに右手が震えているシーンもありますが、パーキンソン病とは思えない身体能力の高さです。……というか、41歳でここまで動ける人はそうそういないのでは?

 Choiさんは、回転する円柱を平均台のようにわたる3つ目のエリアで水中に落下してしまい、残念ながらクリアはならず。ですが、番組司会者らは「(41歳、パーキンソン病という悪条件での挑戦は)全ての人を感激させるはずだ」「今夜の勝者は彼だ」と称賛のコメントを送っています。

最終更新:7/7(金) 7:10
ねとらぼ